お客様との商談がワクワクする視点

お客様との商談がワクワクする視点

メーカーの営業職を通じて、相手と自分に好循環を回し、

ワクワクしながら仕事をするハイブリッドワーカーの城井です。

もしあなたがリモートワークになり、お客様との商談が簡単では無くなったな~と

モヤモヤしているとしたら、

その「モヤモヤ」を「ワクワク」に変える大事な視点をお伝えしたいと思います。

私も、

リモートワークになる以前のお客様との打ち合わせでは、

両社が会議室で対面で並び、担当ごとに交互にプレゼン、質疑応答をする。

まさに柔道の団体戦のような状態でした。

そして、

テレビ会議でもお客様のテーブル、自社のテーブルが交互に表示され、

まさにダブルスのテニスの試合のように打ち合っている状態でした。

でも、リモートワークの今は、

Webミーティングで、お客様と自社の個人の顔が、一つの画面に表示されます。

顧客の陣営、自社の陣営といった仕切りが全くありません。

まさにオンラインゲームのチームのように、一つのイベントを協力してクリアできる状態です。

時々、お客様のお子さんの遊んでる声が聞こえてきたりします。

お客様の自宅の雰囲気を知る機会はめったにありませんよね。

リモートワークは、営業職にとって本当にチャンスの時期だと思います。

ここまでお読みくださいましてありがとうございます。

shiroi
日系メーカーの営業マン。そして、家庭と仕事の両者に貢献するハイブリッドワーカー。PDCAノートを使い、日々の悩みを「ワクワク」に変えていくことがモットー。家族、職場、お客様との好循環を回していきます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)