部下が話しかけやすい上司になる方法

部下が話しかけやすい上司になる方法

メーカーの営業職を通して、相手と自分に好循環を創る。
ハイブリッドワーカーの城井です。

もしあなたが、

部下が進捗報告してくれず、自分から確認をとると、

「実は**で困っています。そのために遅れています。」

といった状況があり、

部下のホウレンソウを改善したいとお考えでしたら、

一つ参考にしていただきたいことがあります。

 

それは、

部下に自分のスケジュールを報告することです。

 

例えば私は、毎朝以下のような投げかけをしています。

「今日、**さんは、どんなスケジュール?」
「ちなみに私は10時から11時は席にいて予定が空いているから、相談事あれば持ってきてもらってOKですよ。」

すると、

部下はその時間を基準にして、内容を整理して報告してくれました。

相手のホウレンソウを促すために、自分が先にホウレンソウする。

私の場合、こういったマインドで仕事をすると上手くいくことがあります。

参考にしていただければ幸いです。

 

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

shiroi
日系メーカーの営業マン。そして、家庭と仕事の両者に貢献するハイブリッドワーカー。PDCAノートを使い、日々の悩みを「ワクワク」に変えていくことがモットー。家族、職場、お客様との好循環を回していきます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)