最短で上司のOKをもらう方法

最短で上司のOKをもらう方法

メーカーの営業職を通じて、相手と自分の両方に貢献する。

ハイブリッドワーカーの城井です。

もしあなたが、

すぐにでも上司の承認が欲しい案件を抱えていて、

でも、多忙な上司のアポを取ることが、

簡単では無いと感じていらっしゃったら。

一つ試していただきたいことがあります。

それは、「駐車場トーク」です。

上司が、

デスクから、駐車場またはタクシー乗り場に行くまでの間、

オフィスや工場が大きいほど、移動に時間が掛かると思います。

私は、そこを押さえます。

例えば、上司が、移動のために荷物をまとめ始めたら、

私は、上司に接近します。

相手がこちらに気づいたら声を掛けます。

「移動しながらで結構ですので、ご承認いただきたいことがあります。」

おそらく、多忙な上司でも移動時間までアポが入っていることは、ないですよね。

同じ方向に歩きながら、ジェスチャーを交えて伝える。

同僚とランチに向かうような感覚です。

階段やエレベーターを通り、

駐車場に着き、

上司の車の前で、「じゃあ、それでよろしく!」の言葉をいただき、

自分のオフィスへ戻ります。

よく言われる「エレベータートーク」との違いは、

歩きながら話せることです。

止まっていると、スマホなどで相手の視覚が奪われることがあります。

今日も読んでいただきありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)