上司の厳しい指摘をワクワクに変える方法

上司の厳しい指摘をワクワクに変える方法

メーカーの営業職を通じて、相手と自分にハイブリッドで貢献する。
ハイブリッドワーカーの城井です。

もしあなたが、

上司の指摘や、あるべき姿はわかるのだけど、

具体的な行動が見えてこないと思うことがあったら

是非試していただきたいことがあります。

先日の営業会議での工夫でをお伝えします。

営業部の同僚の案件で、

お客さまからの値下げ要求があり、営業としての価格交渉を進めた報告がありました。

結論は10%の値下げで合意したとのことです。

当然、上司や他の営業マンからは厳しい指摘がありました。

そして、この場面で私が工夫したことは、

相手の出来たことにフォーカスする

ことです。

出来ないことフォーカスすると、、、、

・なぜ10%値下げになってしまったんですか?5%にできなかったんですか?
・値下げすべきでないから、今度からは値下げしないように工夫してください。
・根回しができていなかったのではないですか?

こうなっては、指摘される側はストレスで思考が進みにくいと思います。

出来たことにフォーカスすると、、、、

・今回、値下げ額を15%ではなく、10%に抑えられたのはどんな工夫をしたのですか?
・次に値下げ額を5%に抑えるためにできることはありますか?

その後の会話やアクションが、

モヤモヤからワクワクに代わりませんか?

今日も読んでいただきありがとうございます。

shiroi
日系メーカーの営業マン。そして、家庭と仕事の両者に貢献するハイブリッドワーカー。PDCAノートを使い、日々の悩みを「ワクワク」に変えていくことがモットー。家族、職場、お客様との好循環を回していきます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)