やらされ仕事に時間を奪われない方法

やらされ仕事に時間を奪われない方法

メーカーの営業職を通して、相手と自分に貢献する。
ハイブリッドワーカーの城井です。

もしあなたが、

「一日の計画を立てているにもかかわらず、急な仕事が増え、残業をしてしまう」

といったモヤモヤを感じていらっしゃったら、

一つ試していただきたいことがあります。

それは、

自分から、上司にアポをとること

です。

具体的にお伝えしますと、

自分が重要だと考える仕事のゴール決め、

その仕事の成果を報告する日について、

自分から、承認者である上司とアポを取ってみてください。

ここでのポイントは

自分から言い出すことです。

例えば役員クラスの方だと、3カ月程度先ではないとアポが取れないことがあると思います。それを自分から確保してみてください。

部活で重要な大会にを3カ月前にエントリーするイメージです。

そうすることで、たとえ、緊急で重要な仕事が発生したとしても、

目先2,3日間の仕事の調整から始めるのではなく、

自分で言い出した、3カ月先の上司との約束を守れるか?(試合に勝てるのか?)

という長期的な視点でスケジュール調整ができるようになりました。

例えば、部長クラスの方に対して、

「今日、この仕事を優先してやっておいてください」とは頼めませんよね。

しかし、一般社員はそうではなく、

「これ急ぎだから」といった急な依頼が(特に上司から)日々舞い込んで来ると思います。

今日その仕事に手を付けることで、上司との約束が守れるか?

目先の仕事に対して、「本当に手を付ける意味があるか?」を分析できる、比較対象を持ってみてはいかがでしょうか。。

何かの参考にしていただければ幸いです。

今日も読んでいただきありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)