子供との約束を守る方法

子供との約束を守る方法

メーカーの営業職を通して、相手と自分に貢献する。

ハイブリッドワーカーの城井です。

もし、あなたに小さなお子さんがいて、

「子供のために早く帰ってあげたいけど仕事が終わらず帰れていない」

こんな不満をお持ちのようでしたら、

是非試していただきたいことがあります。

子供:「早く帰ってきてね」

私:「早く帰ってくるね」

結局残業をしてしまい、

私:「ごめんね」と子供に言っている。

これが以前の私の事例です。

そこで今日は、

「きょうは7じにかえるよ」と家のホワイトボードに書いて出勤しました。

そして、その日の昼、早速妻からラインメッセージが入りました。

「子供がホワイトボードを読んで、「パパ7時に帰ってくるって~!!」と目を丸くして喜んでいたよ。」

私にとって、とてもうれしい成果がありました。

工夫したことは以下の3つです。

①「早く帰る」ではなく「7時に帰る」

②「口約束」ではなく「文字で記録」

③自分のスケジュール帳に「7時、子供と会う」と記入

この流れは、営業職として、お客さんとアポとる場面に似ていると気づきました。

そういえば、職場の行き先掲示板(ホワイトボード)には、

「**社出張」、「**時に帰社」と書きますよね。

家族に対しても書いてみてはいかがでしょうか。

今日も読んでいただきありがとうございます。

shiroi
日系メーカーの営業マン。そして、家庭と仕事の両者に貢献するハイブリッドワーカー。PDCAノートを使い、日々の悩みを「ワクワク」に変えていくことがモットー。家族、職場、お客様との好循環を回していきます!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 起こったことをブログ*に書いていて、思わずほっこりしました。 *ブログ参照ください↑ […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)