スムーズに上司のアポをとる方法

スムーズに上司のアポをとる方法

メーカーの営業職を通して、相手と自分の両方の「ワクワク」にフォーカスする。

ハイブリッドワーカーの城井です。

皆さんは上司に話しかけづらかったり、上司になかなか時間を割いてもらえないと感じたことはありますか?

以前は私もそういった不満を持っていました。

でも今は、その不満が無くなってきています。

なぜか。

それは、上司とのアポと取り方を工夫したからです。

工夫を3つの手順にまとめてみました。

①上司の予定を月ベースで、全体像を把握する。

②上司のストレスのかかり方の変化を推定し、上司の仕事の区切りがつくポイントを特定する。経営層への報告会が終わった後など。

③上司の区切りがつくポイントをめがけて、自分の予定入れ込んでもらえないか上司に聞いてみる。

つまり、

相手が他人の意見を聴ける状態にあるか?

を考え、アポどりをしてみました。

きっと、その打合せで、上司に許可をもらえる成功率も上がるはずです。

何かの参考にしていただければ幸いです。

今日も読んでいただきありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)