スマホで家族の絆を強くする

スマホで家族の絆を強くする

メーカーの営業職を通して、相手と自分の「ワクワクすること」にフォーカスする。

ハイブリッドワーカーの城井です。

皆さんは、「家族と笑い合える日」が、今より一日でも多くなるといいなあと思ったことはありますか?

もしそうでしたら、ご紹介したいことがあります。

それは、自分の家族のことで恐縮ですが、私の妻のスマホを使った「ある仕組み」です。

その仕組みの作り方は、次の3ステップです。

①祖父、祖母、叔父、叔母、甥、姪を巻き込んだスマホアプリのLINEで、「○○家」のグループを作る。

②メンバー全員の誕生日をカレンダーに記す。

③メンバー誰かの誕生日には動画、ボイスメッセージで「おめでとう」をグループLINEで配信する。

初めは妻一人がメッセージを送っていました。「**ちゃん、おめでとう!」

それに触発され、自然と他のメンバーも「**ちゃん、おめでとう!」のメッセージを送るようになりました。

そこへ「もう**才になったんだね~」なども加わります。

メッセージを受け取った本人は、「**ちゃん、ありがとう!」、「**ちゃん、ありがとう!」

一日にたくさんのおめでとうメッセージを受け取り、たくさんのありがとうメッセージを返す。

私はこのライングループを見て、自分の誕生日ではありませんが、「おめでとう!」と「ありがとう!」のやり取りを見るのは、とても清々しいと思いました。

グループメンバーの数だけその好循環をタイムリーに見ることができています。

そして、「今日はなんだか嬉しい日だな」と思います。

職場でも同じように、「相手が存在すること自体に感謝し合える。」

そんな機会を作れると良いと思いました。

そして、職場でもその絆を強くしていきたいと思います。

今日も読んでいただきありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)