上司からの丸投げ仕事を「ワクワク」に変える

上司からの丸投げ仕事を「ワクワク」に変える

メーカーの営業職を通して、相手と自分に貢献できるハイブリッドな価値を見出す。
ハイブリッドワーカーの城井です。

皆さんは、上司からの急な依頼に困ったことはありませんか。

私も週末に、上司から急な資料作成と会議への参加依頼がありました。

 

心の中で「えーっ」と思ってネガティブな気持ちになることがありました。

そこで、「ネガティブを解消した工夫」を共有させていただきます。

 

上司からの急な依頼に対して、
以前の私は、
以下3つの流れで頭が働いていました。

①「資料を作って会議で報告するのは大変だ」と思い、自分のリソースの問題にフォーカスする。

②「上司は自分の仕事を部下に押し付けて楽をしているのでは?」との妄想し、上司に対する不満にフォーカス。

③「そもそも何のための会議だろう?どうすると組織に価値を与えれらるだろう。」と自分と会議の関係にフォーカス。

このスリーステップで、実務にたどり着くころには精神的に疲れてしまいました。

 

そこで、今回の私は、

①何のための会議で、そこで成功すると、どんな価値を生み出せるか。なぜその仕事をするのかにフォーカスし、仕事の価値を見つける。

②それは価値のある仕事だから、自分のリソースを調整しよう。

③上司に代わって、ワクワクする仕事にしてみよう。

つまり、私が工夫したことは、

急な仕事に対する、自分の反応や上司の意図ではなく、
その仕事をすることの価値について、初めに考えることです。

そして、仕事に対して、ワクワクする自分の目標を設定し、そのために何をするか?
考えることで、ネガティブな思考をする必要が無くなりました。

皆様のご参考になれば幸いです。
今日も読んでいただきありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)