組織の縮小をエネルギーに変える方法

組織の縮小をエネルギーに変える方法

おはようございます!
ハイブリッドワーカー、営業職の城井です。

今日も無心でノートを書いています。

年度末ですね。
皆さんは4月からの組織に変化はありましたか。

私が所属する組織は、人員が減り、部門が統合ざれることとなりました。
人手不足、成熟したマーケット、などの事情で、
組織としてこのような決定に至ることは個人的にも納得しています。

営業の私としては、お客さんにどう説明しようか悩むところです。

そこで今日は、組織の縮小をエネルギーに変える方法をご紹介します。

それは、
お客さんが必要としている機能に焦点をあてることです。
そして、
その機能を誰が担うのかを可視化することです。

組織の構造がどう変わろうが、
お客さんの要求に対し、自社の価値を提供することに変わりはありません。

私は、
これまでは自社の「メンバーの誰か」が対処する体制から、
自社の「自社のこの人」が対処する体制に代わります。と説明します。

リソースが限られることで、
「組織の誰か」が対応していた案件を、「私が」対応すると言い切れる。
個人の責任が明確になると感じています。

今日もお読みいただきありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)